ひげがねちっこいおかあさんのご苦労

近年では「雄化婦人」といった言明がよく選べる事も手広く女房の夫化が進んでいる状態ですが、更に夫を象徴する所とも言える「ひげ」が執念深いのが憂慮という婦人が増えています。体毛に関するアンケートでは約半分近くの婦人が「ヒゲが気になる」と回答しているほどですし、とりわけ20代から40金にヒゲに関する憂慮を持つ婦人が多いと言われています。

体毛に関するアンケートの結果、ムダ毛加療を行う体の部位の中で「面持の産毛」を脱毛して掛かる婦人は手広く、面持の産毛を処理する婦人の総締めは約70%にものぼります。また、女房就業ヒューマンは約半数が、面持の産毛の中でもとにかく目立ちやすい鼻の下の産毛の加療を行っているという選択結果も出ていますから、はたらく婦人ほど深いひげが気になり処理してあるという事が分かります。

婦人のヒゲの憂慮は産毛程度のヒゲの憂慮から、夫と同様に濃いヒゲに悩む婦人など個人差はありますが、いずれにしても夫の中には面持を近づけた時に婦人の面持の産毛が気になる者がそれ程多いですから、婦人のヒゲを見てドン引きする夫も多いかもしれません。

女房なのにメイクを通じても口まわりの青さが解消できないほど夫並にひげがしつこいと、衣装につき毎日のヒゲの加療に四苦八苦できる事も多いと思いますが、自己処理だと剃刀欠損や毛抜きによる肌荒れも起こりやすかったりするなど、加療切り口を間違えれば手詰まりがどうにも断ち切れず憂慮の渦動から抜け出せない可能性もあります。そのため、近年は自己処理ダメージの憂慮が少ない面持抜け毛が受けられる店舗やヒゲ婦人専用の剃刀などの商品による者が増えています。こちら